淡路島・洲本のチャルラールでランチ。特製ダレで仕上げるスペアリブはやっぱり美味しかったよ〜😁

2019年9月3日

スペアリブ

2015年のオープン以来、不動の人気を誇っているチャルラールの看板メニュー「スペアリブ」を食べてきました〜。

Left Caption

淡路島BASE

お肉が照りっ照りで食欲を誘うぅぅ🤤
Right Caption
ひーちゃん
特製ダレが良い香り〜😍

淡路島・洲本市街でお肉ランチを考えている方は、チャルラールさんは有力候補ですよ❗️

チャルラールへのアクセス

淡路島・チャルラール

チャルラールは洲本市街地にある旧益習館庭園から徒歩1〜2分。賑わいのあるレトロ小道から、ちょっとだけ離れた場所にあります。

最近はそんなにメディアに露出をしていないのか?隠れ家的な雰囲気をまとっていますが、今日のランチタイムも小さいお子様連れからご年配の方まで幅広いお客さんで賑わっていました。

駐車場は無いので、AEON洲本店(2時間無料!)に停めてレトロ小道を散歩しながら来るのが王道だと思います。

チャルラールの住所

兵庫県洲本市本町6-1-7

チャルラールの店内の様子

チャルラールの店内の様子

チャルラールは、築80年以上の古民家をリフォームした店舗。

店内の天井を見上げると、太い梁が何本もあって、カッコいい🤩

その一方で現実的には耐震問題などもあったと思われ、周囲を囲む壁はコンクリート。

木材の温かさと、無機質なコンクリートがバランス良く融合している素敵空間ですね。

ランチタイムはボリューム抑えめでしたが、ディナータイムはBOSEのスピーカーが本領発揮するんでしょうかね😁

チャルラールの店内の様子

お店を入ってすぐの所にお酒がずらりと並んでいましたが、夜のチャルラールは、スパニッシュイタリアンバルになるらしい。

美味しそうなおつまみ🤤

Right Caption
ひーちゃん
あー、ほんと、夜にきたい

カウンター以外は、ほぼ満席状態でしたので全体は映せませんでしたが、20人くらいの収容力はあったと思います。

子供椅子もちゃんと用意されているので、小さなお子様も安心。お子様ランチもありましたし。

チャルラールのメニュー

チャルラールのメニュー

大きくは、ワンプレートランチか、パスタランチの2種類。

本日のパスタは毎回変わるようで、別途ミニ黒板で案内してくれました。

チャルラールのパスタランチメニュー

チャルラールで実際に食べた料理

お店に入る前からスペアリブは確定でしたが、もう一品に迷いました。

ミラノ風カツレツにするか、ペペロンチーノにするか。

最終的には店員のオネェさんにアドバイスをいただき、パスタに決定😁

スペアリブ

スペアリブ

特製ダレが沁みていて、お肉が美味しいし。タレがこれまた良い香りだし😙

お肉の硬さも、ちょうどいい。

お肉そのものは大きくありませんが、量より質。大満足でした❗️

スペアリブ

炙りとうもろこしと豚ミンチのペペロンチーノ

ペペロンチーノ

一杯ビールでも飲みたくなるような、ちょっと濃いめの味付けでしたね。

とうもろこしやミンチの具材もたっぷり。

ちなみにどちらの料理にも、冷製コーンスープ付き。これがまた美味しかった〜。なんかオリーブオイルみたいなのが入っていて、オサレでした😁

上の画像は、パスタランチのスープとサラダ。スペアリブの方は、プレートにサラダがのっています。

久しぶりに食べましたが、チャルラールさん、やっぱり美味しい😙

そして店員さんの接客も、とっても素敵でした👍

洲本市街地は美味しいお店がたくさんありますけど、チャルラールもお忘れなく‼️

チャルラールの営業時間やマップ等はこちら

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら