2020年2月オープン㊗️39パフナ ナン屋ねんで、ナンカレーランチしてきました〜😁

2020年2月3日

Wカレーセット

淡路島でナンが食べられるお店は、多分わりと少なくて。39サンキューパフナは、結構希少なお店かも。

カレーの味は、わりとマイルドな印象です。

ナンは大きい😁

ナンが大きい

娘がナンが大好きで。偶然にも休みだった日に、39パフナが新規オープンということで、久しぶりに家族揃ってランチに行ってきました〜😁

39パフナで家族ランチ

39サンキューパフナの店主

タパさん

店主は、ネパール出身のタパさん。

淡路島には2年ほど前に移住。ホテルなどの観光施設で勤めてこられてきたそう。

39サンキューパフナの店名は、正確には「39pahunaサンキューパフナ ナン屋ねん」。

39サンキュー」は、もちろん「ありがとう」の意味。

pahunaパフナ」は、ネパール語で「お客様」を意味するそうです。

39pahunaサンキューパフナを店名にしようとしたら、地元の方々から「この店名、ナンやねん!」と言われることが多かったそうで、そのまま「ナン屋ねん」もつけてしまったらしい。

カレー屋さんだから、「ナン屋ねん」はちょうどいいね😁

ちなみに日本語はペラペラ。とってもフランクな方ですよ。

39(サンキュー)パフナ ナン屋ねん

39サンキューパフナの行き方

39パフナ・ナン屋ねん店舗外観

39サンキューパフナは、淡路島の北側・岩屋エリアにあります。

岩屋商店街の入り口から、歩いて3分くらい。深いグリーンをベースに、アイボリーのスッキリとした店舗外観が目印です。

39パフナの住所

兵庫県淡路市岩屋1079-2

注意したいのは駐車場がない点。

僕らは淡路信用金庫の前にある市営駐車場に停めました。最初の1時間は無料だし😁

岩屋の市営駐車場

39サンキューパフナの店内の様子

39パフナ・ナン屋ねんの店内の様子

外観と同様に、店内の壁は落ち着いた深いグリーン。

席数は、15名くらい入れそう。

39パフナ・ナン屋ねんの店内の様子

入って左手にキッチン。

39パフナ・ナン屋ねんの店内の様子

作っている所を見ることも😁

39サンキューパフナのランチメニュー

オープニングランチメニューとあるので、この先、内容の変更があると思います。あくまでも参考程度にお願いします🙌

カレーメニュー

キッズカレーがあるので、子連れファミリーもOKですよ❗️

39パフナ・ナン屋ねんのランチメニュー

ドリンクメニュー

39パフナ・ナン屋ねんのドリンクメニュー

39サンキューパフナで実際に食べたランチ

ナンが食べたくて39サンキューパフナを訪問しましたが、とっても美味しく食べられました。ナンが大きくて、子供たちも大満足のようでした❗️

それと、カレーにパクチーが入っていました。僕らは大丈夫でしたが、苦手な人はパクチー抜きをお願いした方がいいと思います😁

Wカレーセット

Wカレーセット
  • プレーンナン
  • 2種類のカレー(季節の野菜カレー、バターチキンカレー)
  • サラダ
  • チキンチッカ
  • チャイ
チキンカッカ
チャイ

Sセット

Sセット
  • プレーンナン
  • 1種類のカレー(チキンカレー)
  • サラダ
  • チャイ

キッズカレー

キッズカレー
  • ナン(S)
  • チキンカレー
  • ラッシー
  • デザート

このデザートは初めてみました。牛乳とお砂糖で作られているそうです。

お菓子

甘いです。好きな人は好きでしょうが、息子はダウンしてました😁

キーマカレー

キーマカレー

カレーは、わりとマイルドだと思います。だから、うちの息子(小学2年)でもパクパク食べられます。

もう少し辛いのが食べたい!という方は、ネパールの辛いスパイスをもらえるので、お好みで調整することができますよ😁

辛いスパイス

39サンキューパフナの基本情報

ランチ営業時間ランチ/11:30-13:30
ナイト/17:30-21:00
定休日木曜日&不定休
住所兵庫県淡路市岩屋1079-2
電話番号080-1485-4475
不定休などもあると思いますので、ご心配な方は事前連絡の上で訪問してください

開店したばかりですし、営業時間も含めて不安定な部分もあると思います。心配な方は、電話をしてから足を運んでくださいませ😄

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して3年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら