淡路島・山田屋は、いちご農家でジャム屋さん。島の美味しいを詰め込んだジャムは、お土産やギフトに大人気🤗

2020年2月1日

山田屋さんのいちごジャム

最近、贈り物をしたいなぁと思っていたのですが、今回は山田屋さんのジャムに決めました❗️

いちご農家をしながら営むジャム屋さん。初訪問でしたが、素敵なお店でした😄

ジャムは保存がきくし、島のお友達の商品も置いてあり。一緒に詰め合わせて送付してくれるサービスもあるので、お土産やギフトにもおすすめです🙌

淡路島・山田屋の行き方

淡路島・山田屋は、島の北東・仮屋エリア。国道28号線から、少しだけ海側に入った場所(車で約1分)にあります。

曲がる場所は、国道に看板が出ていますので、カーナビに住所をセットしておけば迷うことはないと思います。

ただ、国道を曲がってからの道は少し狭いので徐行運転で🤗

駐車場は2台置けるスペースがあります。

淡路島・山田屋の住所

兵庫県淡路市仮屋302

淡路島・山田屋の店内の様子

お店に入ると、こんな感じ。

淡路島・山田屋の店内の様子

右側に、いろんな味のジャムと、島のお友達の商品が並んでいます。

山田屋さんの店内の棚

平岡さんのみかんと、栗脇さんのさつまいも❗️島内でとれる美味しいを掛け合わせた、素敵なジャム🤗

みかんとさつまいものジャム

島のミックスジャムは、今朝パンに塗って食べたら美味しかった〜😁

島のミックスジャム

山田屋さんは、お店をオープンして7年。

「いちご農家でジャム屋さん」は通過点だそうです。

目指す所はもう少し先にあるなんて、素敵😁

みんなの日

山田屋の目指すところは、地域の素敵な素材とお客さんをむすぶ農家カフェ。
朝ごはんを大切にするカフェ。
そこへ向かっていきたいという想いを込めてます。
米から野菜、果物、おやつまで楽しんでもらえるような、
そんな空間を作っていきたいです。
まずその第一歩が、いちご農家でジャム屋さんなのです。

淡路島・山田屋のホームページより抜粋
日本蜜蜂のはちみつ
自凝雫塩(おのころしずくしお)と、有機玄米・有機白米

しっかり箱詰・発送までしてくれます。もちろん、持ち帰りもOK❗️

山田屋さんの箱

僕らも箱に入れてもらいました🤗

山田屋さんのギフト

お店の左側には、ドリンクスタンドや、いちごの販売も。

淡路島・山田屋の店内の様子
ジャム屋のドリンクスタンド

そして、ジャムの試食もできちゃう😄

ジャムの試食

淡路島・山田屋の店主

淡路島・山田屋の店主

山田屋さんの店主は、やっぱり山田さん。Awajishima Sodatete Marketなどでのイベントでは旦那様を見かけますが、この日、お店には笑顔が素敵な奥様がいらっしゃいました😄

淡路島に移住する前は、滋賀の観光農園に勤められていたそう。

淡路の環境と素材を活かして「生産×加工×観光」の形で地域貢献を目指しているとのことで、ちょうど今のタイミングから、いちご園での摘み取り体験の予約がスタートします❗️

詳しくは、山田屋さんのホームページへ💨

ちなみに、山田屋のいちご園はこんな所❗️という記事を博報堂が書いてくれていますので、興味がある方はこちらもどうぞ。

https://www.hakuhodo.co.jp/magazine/45745/

淡路島・山田屋の基本情報

山田屋さんのジャム
営業日(だいたい)金曜・土曜・日曜
営業時間11:00-17:00
住所兵庫県淡路市仮屋302
電話番号0799-70-4022

山田屋のジャムは、島内のお土産屋さんでも置いてある場所があるので、見かけたら手に取ってみてくださいませ❗️

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら