淡路島・菜と根(kitone)でランチ❗️人気の「まんぷく島の昼ごはん」を食べてきました〜😁

2019年5月10日

追記:残念ですが、菜と根は2020年9月をもって閉店しました。以下のブログ記事は記録として残しておきます。


菜と根(kitone)店舗外観
菜と根(kitone)店舗外観

南あわじ市方面に出かけたので、はじめて「菜と根kitone」に行ってきました〜😁

率直な感想としては、地元の方々が通う大人カフェという印象です。

子供椅子もありましたが、店内でワイワイできる雰囲気ではなさそう。ご年配の方しかいなかったのは偶然だと思いますが、大人がゆったりと寛げるカフェとして地域に愛されているように思いました。

「体ヨロコブごちそうcafe」をテーマにするほど、食材や調味料にはとても気を使われていて。女性に人気のお店です。

個人的には「ほうれん草のすり菜」が美味しかったです。お酒のおつまみとして相性抜群なのではないかと… 🤤(ちなみに、現在禁酒3日目)

菜と根kitoneのアクセス

菜と根(kitone)の店舗外観

菜と根kitoneは、南あわじ市の賀集エリア。国道28号線「八幡」交差点から車で1分くらいの場所(らら・ウォークの裏)にあります。

住所をカーナビにセットしておけば、問題なくたどり着けるはず。駐車場はお店の前に5台ほど停められるスペースがありました。

菜と根kitoneの住所

兵庫県南あわじ市賀集八幡308-1

菜と根kitoneの店内の様子

他のお客様がいらっしゃったので全体は撮影できませんでしたが、雰囲気だけでも😁

菜と根(kitone)の店内の様子

木材の筋交いと、大きな窓から採光がいい感じに入っているカウンターが印象的。緑やお花も素敵に飾られていました。

菜と根(kitone)の店内の様子

テーブル席はそんなに多くなかったですが、カウンターは10人くらい座れそうでしたね。人気なのかな😙

菜と根(kitone)の店内の様子

食べる場所のすぐ横に、お菓子や物販も少しありました。

菜と根(kitone)店内の様子

菜と根kitoneで食べたランチ

菜と根(kitone)は、入ってすぐに注文・清算するシステムで、入り口にメニューが置いてあります。

菜と根(kitone)入り口

まんぷく島の昼ごはん

今回、奥さんが注文したのは、まんぷく島の昼ごはん(さんまの香草焼き)。

菜と根(kitone)まんぷく島の昼ごはん

左上のお皿には主菜と副菜がのっていて。自分で好きな量を取るブッフェスタイル。食べられる分なら好きなだけのせてOKだそうですが、おかわりはNGとのこと。

菜と根(kitone)

ちなみに、ご飯とお味噌汁は店員さんが取り分けてくれます。

Right Caption
ひーちゃん
味付けが優しい

甘酒ミートソースドリア

僕は、甘酒ミートソースドリアを注文。

菜と根(kitone)甘酒ミートソースドリア

甘酒がまろやかで、大変美味しゅうございました❗️

僕は野菜ブッフェより、こういうガツンと一品の方がいいわ😁

菜と根(kitone)

もちろん、にんじんドレッシングにビーツというおしゃれサラダもしっかり堪能🙏

別にさつまいもの皮と間違えてませんから!ビーツですよ、スーパーフードのビーツ❗️

食後は、おやつのごぼうクッキーとコーヒー。

菜と根(kitone)

ごぼうクッキーが、これまた素朴な味わいでした。

ちなみに、コーヒーとお水はセルフサービスです。

菜と根(kitone)

菜と根kitoneの基本情報

営業時間11:00-18:00
定休日水曜日
電話0799-50-2213
住所兵庫県南あわじ市賀集八幡308-1
不定休などもあると思いますので、ご心配な方は事前連絡の上で訪問してください

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

フォローありがとう (*゚▽゚*)/

このブログを書いた人
淡路島BASE
(みやうち・ふとし)

家族で淡路島に移住して4年。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、当ブログ「淡路島に移住してから」で淡路島の魅力を発信中!「プロフィールはこちら