淡路島で乗馬体験!シェアホースアイランドで人気のホースボードも体験してきたよ〜😁

2019年6月23日

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

また一つ、淡路島で特別な体験ができました😁

何が良かったって言うと、一番はやっぱり息子にかけがえのない体験をさせられたこと。

初めは触れなかった馬の鼻も、帰る頃にはプニプニしてましたから。

実は、この鼻の感触がなんとも言えず、気持ちいい。

息子は、「ケーキのスポンジの部分みたい」と表現していましたね😁

Right Caption
ひーちゃん
鼻はホワホワで、癒しや〜😍

本日おじゃましたのは、淡路島の真ん中、洲本市五色エリアにあるシェアホースアイランド。

今年の春に発売されたばかりの別冊Richer(リシェ)にもドーンと掲載されて、今注目のスポットです🤗

リシェ別冊

実際、今日は僕ら以外にも神戸から観光にこられたご家族(3才と0才のお子様連れ)が一緒だったのですが、Richer(リシェ)を見てコンタクトを取ってこられたんだとか。

シェアホースアイランドとは

淡路島・シェアホースアイランド

淡路島の洲本市はかつて馬産地だったそうです。

明治時代には5000頭以上いたらしく、三熊山(洲本城跡がある場所)には競馬場もあったんだとか❗️

シェアホースアイランドは「くらしに馬を」というコンセプトを掲げ、2017年に誕生。

馬搬(ばはん)といって、森で切った木を馬で運んだり。馬耕(ばこう)といって、馬で畑を耕したり。そして今回のように、淡路島の体験観光施設として。

今の時代にあった「馬のある暮らし」を考え、実践しながら様々な取り組みに挑戦されています。

ふれあい体験&乗馬体験 里山コース

今回僕らが体験させてもらったのは、ふれあい&乗馬体験 里山コース。

ちなみに、海までコースというのもあって。そちらは、もっと長く乗馬体験などができます。

丁寧な説明からスタート

シェアホースアイランド 山下さん

はじめは、シェアホースアイランド・山下さんから、本日お世話になるお馬さんの説明をいただき。

馬の名前は、風月(ふうげつ)。愛称はふーちゃん。

眉間にある三日月のマークがとっても素敵😙

青森出身の現在7才。元々は寒立馬(かんだちめ)と呼ばれる馬の種類で、天然記念物だった馬です。

あくまでも、「天然記念物だった」という過去形。一歩、青森を出ると天然記念物では無くなるそうです。なので、元・寒立馬。

お伝えしたいのは、天然記念物クラスの馬に乗れるということ🤗

性格はとっても温厚。気は優しくて力持ちタイプですから、小さなお子様でも安心です。

※ふーちゃん(風月)は、2019年7月中旬から3ヶ月ほど、馬搬などの調教のため、岩手県の遠野市に留学。その間は、同じタイプの元・寒立馬の他のお馬さんが遠野からやって来るそうです。

ちなみに、シェアホースアイランドにはもう一頭サラブレッドの「アネロワ(5才・愛称:あーちゃん)」も。

シェアホースアイランド アネロア

元・寒立馬のふーちゃん(風月)と違って、颯爽とした雰囲気。

あーちゃんの乗馬も可能だそうですが、こっちは上級者向きですね😁

ふれあい体験

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

山下さんの説明の後、まずは餌やり体験から。

餌やり体験

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

最初は、草をバケツに入れて食べてもらう。

息子くん、だいぶ腰が引けていました😆

でも、目の前でモシャモシャ、モシャモシャ。迫力がすごい!ドキドキもしたんでしょうが、この笑顔。

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

息子の中で、これまでにない感情が芽生えた瞬間です。

体験って、素晴らしい。開始わずか5分で、来て良かったと思っちゃいました😁

バケツをクリアした息子は、手で餌をあげてみる。

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

手に鼻先が触れたらしく、ビビって餌を落としました〜😆

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

続いて、奥さんも餌やり。

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子
Right Caption
ひーちゃん
この口の曲がりが、たまらない〜😍

ブラッシング体験

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

餌やりの次は、ふーちゃん(風月)のブラッシング。

このブラッシング体験中は馬の身体をじっくり触るチャンスでもあります。

ちなみに、馬の体温は人間よりも2度高く、お母さんの羊水の温度に近いそう。ホースセラピーとよく聞きますが、触れるほどに癒されます。

「私にもして〜」と、顔を伸ばしてきたあーちゃん(アネロワ)に驚く息子😁

シェアホースアイランド ふれあい体験の様子

十分にスキンシップをとった後、いよいよ乗馬体験です❗️

乗馬体験

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

まずは、山下さんから乗り降りのレクチャーをいただきまして。

またもやトップバッターで乗り込む、息子。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

小学2年生ですが、助けなしで一人で乗れました。

ポニーは乗ったことがありましたが、本格的な大きい馬は初めて。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

最初は緊張していた様子でしたが、だんだん楽しくなってきたみたい。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

シェアホースアイランド内の敷地を2〜3周まわって、乗馬の感覚に少し慣れたら次の人へバトンタッチ。

奥さんも初めての乗馬。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

なにやら、ずっとにやけてましたね😁

もちろん僕も乗りまして。初めてだったんですが、視界が高くなるってだけで新鮮!

ふーちゃん(風月)の体温を足で感じながら、トットコ・トットコ。生き物に乗るって、こういうことなんだなぁと。

普段は自転車とか車とか、体温を感じられる乗り物ってないですからね。

それと意外に、揺れは大きくない。時代劇の印象が強すぎたかな😁

3才のコウくんは、お父さんと一緒に乗馬。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

里山さんぽへお出かけ

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

メンバー全員が乗馬練習をしたら、いざ里山さんぽへ❗️

ここでもトップバッターは、志願の息子。みなさん、ありがとうございました🙇‍♂️

「坂道は状態を少し後ろへ」という山下さんの指示にも、しっかり対応して、だいぶ慣れてきた様子。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

途中、ふーちゃん(風月)お気に入りのクローバーがたくさん生えているグリーンランドでお食事タイムもあり😁

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

「今の時期は田んぼが綺麗ですよー」と、山下さん。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

淡路島の里山をだいぶ乗せてもらって、交代。

最初こそドギマギしていたコウくん(3才)はすっかりお馬さんが好きになり。お父さん、お母さんのどっちにも同乗。

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

いい笑顔してました〜😁

シェアホースアイランド 乗馬体験の様子

みんなでローテーションして、里山さんぽは終了。シェアホースアイランドへ帰還です。

最後はみんなで感想を言い合ったのですが、やっぱりコウくんの「すごく楽しかった」が印象的でした。

シェアホースアイランドでの様子

お父さんも、「はじめは気後れしていた子供が、最後は積極的に楽しんでくれたのが嬉しかった」とおっしゃっていました。

横で見ていて、すごい成長だなぁと思いましたもんね。

ふれあい体験&乗馬体験 里山コースの料金

ここまでの体験で、大人3000円、子供2500円。親子セット(ペア)だと、4500円。

他を知らないですが、安いと思います‼️超おすすめです❗️

※注意※体験料は、今年秋に一度見直す予定があるそうです。

このコースは基本60分ですが、予約が重なると一緒に進行するので当然時間は伸びますのでご注意を。他の人と重なりたくない場合は、貸切プランもあります。

ホースボード体験

僕らは延長戦。乗馬体験に加えて、ホースボード体験もできる充実プランです😁

ふーちゃん(風月)も馬具を装着。

シェアホースアイランド 風月

今度はまず、ふーちゃんが練習です。

シェアホースアイランドでの様子

ふーちゃんは、まだ後ろから物が付いてくるのに慣れていないので、まずは「どっこい」というアタッチメントをつけて軽く練習。

この後、どっこいに重たい板(ボード)をつけるのですが、その前にボードを引っ張らせてもらう息子。

重いけど、なんとか動かせる。

シェアホースアイランド

人が乗ると、ビクともしない😁

シェアホースアイランド

今から自分が乗るボードの重さを知ることや、馬がどれだけ重たい物を引っ張るのかを体感。これも重要な体験ですよね😁

いざ、シェアホースアイランドの近くにある畑へ。

シェアホースアイランドでホースボード体験

3分くらいで到着❗️

シェアホースアイランドのホースボード場

50mくらいでしょうか。ホースボード用に草を刈ってくれていて、この上を滑ります。

想像通り、息子は大喜び😁

シェアホースアイランドでホースボード体験

小学生であれば、ほぼ立って遊んでいるみたいですが、小さいお子さんは座って乗ることもできますよ。

シェアホースアイランドでホースボード体験

僕も乗りましたけど、なんかダサいですね… _| ̄|○

シェアホースアイランドでホースボード体験

息子がホースボードに挑戦した時の様子を動画に撮りました。スピード感などを感じてもらえれば嬉しいです😁

このホースボードは、シェアホースアイランドでしかできないアクティビティですから、ぜひ体験してみてください。特に、小学生のお子様にはおすすめです🤗

海までコースなら、海岸でやるそうですよ。

ホースボード体験の料金は、乗馬体験にプラス2000円です。

※注意※体験料は、今年秋に一度見直す予定があるそうです。

本日お世話になった山下さんと新庄さん

最後に、今日お世話になった山下さん(写真右)と新庄さん(写真左)。

シェアホースアイランドの山下さんと新庄さん

山下さんはシェアホースアイランドの代表ですね。

新庄さんは、サポート役としてのお手伝い。本業は、淡路島で林業をされていて。会社に勤めながら、個人(HIKOBAE WORKS)でも、森林や竹林の整備といった山や樹木に関する相談やオーダー家具の製作などを請け負っているそうです。

個人的には、淡路島の林業にも興味があるのですが、それはまた別の機会に🙌

「ナオシ(新庄さん)のような仲間たちに支えられながら、シェアホースアイランドは少しずつ確実に前進しています」と、最後に話してくださった、山下さんはいい顔をしてました😁

シェアホースアイランドのコンタクトは2通り

シェアホースアイランドの体験は、全て予約制です。

もちろん週末だけでなく、平日も体験できます。営業日程はシェアホースアイランドのホームページにカレンダーがあるのでチェックしてくださいね。

ホームページには、今回ここでご紹介した以外にもたくさんの体験プランがのっています。馬と一緒に泳げるプランもある😁

全ての体験はホームページから予約できます。

シェアホースアイランドの公式ホームページ

急ぎの方は、とりあえず電話予約を

最終的には、ホームページでの予約をしていただくことになりますが、とりあえず電話予約をされる方も多いそうです。特に、急ぎの方はまず電話です❗️

今日一緒だったご家族も、昨日電話で予約されたそうです😁

お電話での申し込みは、下記番号までご連絡をお願いします。

シェアホースアイランド・山下:090-5136-7709

※電話での受付は、13時〜19時の対応になります。 

シェアホースアイランドで乗馬体験&ホースボード体験まとめ

馬って、いいですね。

僕も初めての乗馬でしたが、「もう一度、乗ってみたい」と思いました。

やっぱり普段と違う体験をすると、いろんな刺激をもらえるので、その日が特別になります。

淡路島観光に来られた方は、ぜひシェアホースアイランドのアクティビティ体験で忘れられない思い出を作ってみてください🙌

以上、淡路島・シェアホースアイランドでの乗馬体験&ホースボード体験レポートでした〜😁

当サイト「淡路島に移住してから」では、これからも淡路島の魅力を発信していきます。応援よろしくお願いします🙌

このブログを書いた人

淡路島BASE(みやうち・ふとし)

2016年11月に家族で淡路島に移住。仕事も遊びも、好きなことだけしながら生きていきたい派です。淡路島が大好きになったので、淡路島応援ブロガーに。当サイト「淡路島に移住してから」から淡路島の魅力を発信していきます!「プロフィールはこちら